TOPスポンサー広告5年目


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPDearすばるクン…5年目


5年目




記憶はどんどん薄れていくのに、薄れない記憶もあって、
夢はまだ一度も見たことがなくって、
まだ向き合えてないんだなって
気づきます。



もう涙は流れないけど、
やっぱり、まだ逃げ続けてるみたい。


もう一生向き合えないかもしれない。





5年も経つのに。




自信持って堂々と、
向き合えないから。





子供をね、残して死んでしまう事は凄く辛いことなんだって。

それほど、辛いことはないんだって。




私はもしかしたら、
未だに心配されてるかもしれない。

安心してゆっくり安らかにいられてないかもしれない。


むしろ、辛く悲しく苦しんでたら、どうしよう。



って考えたりします。




まだ出来てないから。






どうしようもなくって、
どうしたらいいか分からなくて、


まだ未だに骨をね、
手放せてないんです。



それはね、苦しめてるだけなのかもしれない。


でもお墓を作って、守ってく自信もない。


出来たら、もう少しだけ、
このままでいたい。
骨を近くに感じたい。









産まれてきて、
ずっと愛されて育ってきて、
たぶん依存しすぎてたから、
失ってしまってから、何かが繋がってないんだなって、
自分で気づきます。





死んでしまって会える事が
話せる事が
保証されてるのなら、

私は今すぐだって、
死んでしまいたい。





強くなりたい。
ずっとそう思って生きているけど、未だに強さって何だか分からない。



あたたかい人達に囲まれても、
誰かと一緒にいても、
私はどこかでずっと孤独でした。

でも人って皆がそうなのかもしれない。特に現代は。
そう思ったら、何となく過ごせることが出来ました。




今日はなるべく早く帰ってあの部屋に頑張って入って、
話しかけてみたいなっておもいます。





この日が、いまだに浮き出てきて忘れられないけど、
一向に向き合えない。

人ってそんなものじゃないはずやのに。



今年は父が是が非でも、
たぶん自分自身のために納骨を私にせまってきます。


去年のことがあっても、
私はやっぱり父が嫌いというか、どちらかと言うと、うとましいって気持ちは消えません。


人として、苦手なんですよね。




どうして自分にとって
大事な人を先に失って、
そうじゃないのが残るんだろうと、
父を見てたら、そんなことばかり考えてしまいます。



私には、まだお母さんが必要だった。




親父にとっちゃ妻で決める権利はあるのかもだけど、
私にとったら今も忘れられないお母さんで、
今も尚、なんでお母さんだったのかって思うんです。


親父の方が明らかに年なのにって。




最低なのは知ってる。




だけど、このことについて、
お母さんが悲しんでるとは思えない。



今年こそは、
お母さんをよい気持ちで見送り、安らかに眠って欲しい。




納骨、無理矢理でも、
たぶん進むんだろうな。





お母さん、
夢に出てきて、
怒ってくれても
ののしってくれてもいいから、
夢に出てきてほしい。



もう5年。
産まれてきてよかったって思えた唯一の無二の追っかけたかったものは終わってしまったのかもしれないけど、
あの時、幸せだったと、
産まれてこれてよかったと
思ってことは事実だから。


だからその気持ちを大切にしよう。




会社から帰ったら、
あの部屋に入り話しかけれる、勇気をください。




もうそろそろ、
こんなんじゃだめだから。





一つ。
大好きなすばる君と出会えたから、やっぱり産まれてこれてよかったかな。


すばる君と出会せてくれて、
ありがとう。


って言うって決めてたら、
あの部屋にも入れる気がするよ。





いつだって辛い日々
乗り越えて…





FLOWERがもう一度だけ
見たいな。


SA☆WERがもう一度だけ
見たいな。


お母さんともう一度だけ
話がしたいな。



私が一番欲しいものは、
いつもいつも叶えられないことばかり。




全部なくなった。






それでも生きていかなきゃならない、今を。




生きるって、大変。





花シリーズが大好きだった。




花シリーズじゃなくって、
マッチさんの歌とかね、
まだソロで歌ってた歌の方が可能性高いとかね、
違う方向をまさぐり中。




気をまぎらわしたかったから、
色んな方向に向けてみたけど、
なんかブレブレ。




それでもやっぱり
年々記憶が薄れてしまって、
涙も前ほど流れなくなったのは、
時間が流れていってるって
ことなのかもしれないなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:Dearすばるクン…
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。