TOPスポンサー広告これからも∞と一緒に。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP関ジャニ∞(withエイトメン)これからも∞と一緒に。


これからも∞と一緒に。
「2006年もエイトとeighterにとって
幸せな一年になりますように」


これが↑去年(2005年)の
締めくくりに書いた言葉だった。

間違いなく叶った一年だったね。
彼らは一生懸命eighterの応援にこたえてた。

応援していて恥ずかしくないグループだよ。
応援したいグループだよ。
大きくなって欲しいグループだよ。




センクス、関ジャニ∞。


センクス、横アリ。


ぶっちゃけるとあたしはドームは好きじゃないv
ドームコン、むしろ最悪の思い出しかない。
全く楽しくなかったJrドームコン。
でもドームは夢。
よく分からないけど、ドームを制覇して欲しい。
仕方がないからもう一回、すばちゃんが豆粒でも堪えてみせるよ。


ドームコンはファンとして
夢見てたから、やっぱりおめでとう。



出来たらeighter以外は、
見て欲しくないあたしの記録。前期(1月~6月)


というより勝手な記録。


2006年ありがとう。

2005年は出会いの年だった。
2006年は深める年だったかな。



私の2006年。
しっかり記録も出来て、思い返せることが出来る。

また新たな出会いもあった。



一年、一年、確実に階段をのぼっている渋谷すばる。
去年は初の単独舞台。
そして初の初の城ホール!!
最高で最強の関ジャニ∞!!


今年はね、プライベートでは凄く苦しい日々でした。
心に余裕がなさすぎて、感情コントロールを
何回か失敗した一年かな。
でもエイトライフとしては凄く充実してた。
すばるについていくのも必死すぎた。



愛香の渋谷すばるライフ2006年前半(1月~6月)です。






∞1月∞ 
カウコン二回目。
またしても複雑だった。
同じ考えの人に出会えたことが何よりの
救いだった…。
でもね今年は去年以上に「来る」と思った。

そして初めての挫折。
凄く悔しかった。
これは思い出したくないけど…
行けなかった。
亮の初ソロライブ。
未だに、忘れられない悔しさ。

そして大倉の成人式。
成人式で出られること、関西組は当たり前じゃないから…
その喜びを再び噛みしめた。
心から一番輝いてたのは間違いなく大倉やって
胸はって思えた。
胸はってる姿が嬉しかった。


ドリボズ参戦
2005年に仲良くなって必死で口説き落とした
まみこ様(マル)と初参戦にしていきなり起こったミラクル。
「うちらって、もしかして凄い!?」って思った。
知らない人にも「よかったですね♪」って言われたっけ。
この時から、何かを感じた。
亮を諦めたのはこれがあったから。
行けないと思って何度も何度も「諦めよう」
と口では言ったけど、諦められなかったドリボズ。
そしてそれを見抜いてた、まみちゃん。
本当にこれはまみちゃんのおかげです。
何度も「諦められないんでしょ。」と言って
結局無事参戦。
何度も何度も諦めると言いながら諦められなかった。
やっぱりすばるが出るのに諦めるという言葉はあたしの辞書にはない。
何一つ見落としたことはなかったのに。
あ…感謝二∞東京は行ってないけど…。
すばるが出るのに行けなかったとか一生後悔するから。
何一つ見落とす気はない。

口説き落とした甲斐があったよ(笑)
初参戦にして何かを感じた。

そして絶対移転とかしないと思ってたブログの移転。
めんどうだった…。
教えるだの、教えないだの、
やたら大騒ぎしてお引越し。
その節は色々ご迷惑をおかけしました。
継続して仲良くしてくれると言ってくれた
お友達の言葉は今でも鮮明に覚えてる。



∞2月∞
新たな場所でスタート。
自分の気持ちを綴りすぎて若干、気まずくなったり…。
それでもいい。
これが自分。

∞初のフルアルバム発売決定。
③兄弟の宣伝隊になる。
とにかく必死。
そしてONEのことで悩まされる。
でも今ではこれでよかったと思います。

亮のドラマ出演決定(アテプリ)。
すばるの裸少出演決定。

はるちゃん(ヒナ)と爆笑しながらカレンダー購入の旅に出て、
結局ノリと勢いで二つ購入。
今でも未開封。


∞3月∞
とにかくFTONコンをどうするか悩みまくった。
結局はるチャン、めいチャン、まみチャン、由美たん、
アンちゃん、まみこ友と参戦。
がっつり計画をたてました。

そしてすばる怒涛のWS出演。
こっちも必死。

エイト初のフルアルバム「FTO」発売。
FTOは「感謝=∞」より約2倍以上売れたよね。
それでもウイークリーでは一位を取れなかった。
悔しかった。
それでもね、「感謝=∞」発売の
2004年の12月からファンは二倍も増えたんだよ。
嬉しかった。

忘れもしない3月22日。
演舞城火事。
ビックリした。
それを乗り越え一回り成長した城コンビ。

この頃からすばるのレンジャーがかわってくる。
近況というよりも呼びかける言葉になってくる。
とってもあたたかい言葉が綴られていく。
すばるファンはVIP。
そう、あの人が初めて言ってくれた月。
嬉しくて幸せすぎて涙したよ。
それからこだわりつづけた名称。
あたしはすばるファン。


∞4月∞  
すばるの裸の少年出演で激プリチー
すばるが久々にタッキーのことを語り、
この日を境にすばるは(・_・|から(;_;) になった。
今から考えたら「俺も頑張る」と言っていたすばるは
自分のやりたい形でライブが出来て、
少クラに出演して、またタッキーのことを語ったり、
これは運命だったのかなって思う。

そしてね、∞怒涛の表紙ラッシュ。

すばるは、本物でリアルな渋谷すばるになる。
「すばちゃんファンは、誰よりも何よりも
 どこよりも、大切で、特別
VIPやからね」
すばるクンがリアルなすばちゃんファンのみんなと
僕だけで、いろんなこと話したり、
ボ~っとしたり、僕の歌聞いてもらったりしたいな
って言ってくれたから、
あたしはソロという自分自身が
心の奥にずっとしまい込んでた、(しまい込めてなかったかもやけど)
しまい込むしかなかったことを
再び表に出すことが出来たんだよ。

すばるが誰よりも望んでいること。
でもすばるソロという望みなら
あたしはすばる以上に望んでる自信があるよ。
すばる様にも負けない

早く叶って欲しい。

あたしはすばちゃんファン。



∞5月∞   
そしてミラクル連発、亮席連発の夢のFTONコンスタート。
と同時にすばるクンがカラフルなエクステでちょっと前代未聞。
でも意外と好評vv

5月はin大阪、名古屋に参戦。凄くチケットが完璧に取れちゃったよv
さすが~と自画自賛vv
ということでエイトに会うことが
日常の行事のように当たり前になる。

一日③公演、跳んで暴れて、叫んでも
筋肉痛にすらならず、チョー元気。
めいちゃん(りょお)はるちゃん(ヒナ)
まみちゃん、(マル)由美たん(りょお)
アンちゃん(マル)まみ友(大倉)

といろいろ参戦。
そして亮、ヨコちょ、章ちゃん、マルマル、
ヒナヒナとミラクル連発しつつやっぱり
すばちゃんだけないという残念な結果に。
大倉もナッシング。
でも他メンミラクル連発で十分に嬉しいからいいの。

ついに来たよ、すばちゃんミラクル。
そしてやっぱりお相手はめいたん(亮たん)と入った大阪でのラスト。
いい席がつづいた今回…
相変らず、一番エイトの中で握手も見てくれる回数も
来てくれる回数も観察してると、
他メンに比べて明らかに少なかったケド、
それでも今回のすばるはあり得なかったよね。

アグリーや口笛の時、すばるに向かってハイジャンプしまくってたら
やたら目があいました。
そして微笑みながら
「よくできました」というポーズをしてくれたの。
その後に、すばるの手を合わせるポーズをしてくれました。
周りにすばるファンはいたケド、なぜか、すばると跳んでる人がいなく、
一人すばるに向かって跳んでた。

そしたらあの人がこたえてくれた。

実は4日2部にもすばるは手を振ってくれてたって
お友達は言ってくれたけど、
これは確信なくって中途半端で喜べなかったの…

でも正真正銘、大阪でラストの回でのミラクル。
最高の思い出です。

余韻もないままつづいて名古屋に。
はるちゃんに誘われいきなり名古屋初日も参戦決定。
はるちゃんとランラン遠征♪
この頃はまだまだ遠征が楽しくて仕方ないお子ちゃま’S。
名古屋のオーラス、もう全て最高だった。
とにかくMCと名古屋のノリが。もうヤバイぐらい楽しかった。
恥と引き換えに屁(おなら)をした人で手を挙げた事により、
ヨコちょに褒めてもらい、皆でズルリとこけたり、本当頑張った!!!
頑張ったからエイトもこたえてくれたんだよねって
心から思える名古屋。
本当にエイトさんが暴走しまくりで凄く楽しそうで
名古屋のことは忘れられないな。
ここからはっちゃけトリオが誕生しました。

でもね一番は無限大の時の優しい優しい渋谷すばるの笑顔。
何度も何度も凄い幸せそうな顔でバイバイしていました。


本当にMCといい(亮すば、渾身の下ネタ話☆笑)、
ダブルアンコといい、
渋谷すばるの最高の笑顔といい、
屁(おなら)話でのヨコちょのありえない楽しそうな顔といい、
名古屋はやっぱり大好きな場所。
また行きたいな。



∞6月∞ 
次、余韻もやっぱりないまま東京へGO!!
ここでもやっぱりミラクル連発の代々木!!
確実にパワーアップしている∞レンジャー。
代々木でもすばる様以外と数々のミラクルを
起こしていく中、城ホを超えるミラクルがあったの。

最前とかじゃなくっても、頑張れば通じるのかもしれない
と渋谷すばるは教えてくれました。
忘れもしない6月4日。
アリーナエリアでのすばるが来た時は異様なぐらい
盛り上がるあたし達(笑)ありがとう、友よ!!
一瞬すばるは他のアリーナエリアに
行ったと思ったら、なぜか戻ってきてくれました。
手を伸ばして、跳んで跳んだ。 そしたら、すばるはめっちゃ
楽しそうな顔でますます すばる自身も高くジャンプしてくれた。
まるでジャンプの高さ比べかってぐらいの持久戦。
すばるvsあたし達って感じでした(笑)
すばるがいない一瞬のすきは 息ができないぐらい 苦しかったので
必死で息して、 すばるが来たら とにかく力を 振り絞ってとんだ。
アグリーと口笛 2曲だったから本当に息ができなかったな。
でもそれでも、これでもかと煽って煽ってくれたすばる。
ウチワだけは常に見えるようにキープして最後までついていったよ。
そしたらすばるがめっちゃ楽しそうな顔で、 ずーっといてくれました。
もうその間、 一心ですばるに向かってた。
すばるはしばらくずっと見てくれました。
すばるはずっと煽ってくれていました。
あの大きな目で、ずっと。
目をそらしそうだったケド
とにかくすばるを見て跳べるだけ跳んでた。
そして口笛が終盤になる頃、 他のエリアにいっちゃう前に、
めっちゃ笑ってくれ(笑われた?)
真っ直ぐ笑いながらバイバイって手を振ってくれました。

そして…

「べー」ってしてくれた。
一瞬意味が分からなかったんだけど、
舌だして渋谷すばるが「あっかんべー」ってしてくれました。
本当に何が起こったか 一瞬わからなくて、
理解した時、もう信じられないことをしてくれたことに気がついた。
渋谷すばるがあっかんべー。


クリパの時みたいにしゃがみこんで動けなくなることはなく
普通に大興奮!! ただ嬉しかった。
最後の方で思い出してちょっと ヤバかったけど、 大興奮のが大きかった。

FTONコンまさにミラクル連発のコンサートだった。
そして頑張れば通じる、絶対。
すばるクンにそう教えてもらいました。

そういえばFTONの代々木で
「よっしゃ!!」という言葉が
生まれたね。
お友達とありえないくらい
「よっしゃ!!」が好きだったこと思い出したよ。


16ステしたFTONコン。
素敵な思い出をありがとう。




そしておばロック発売。
オリコン2位でまた悔しい思いをしました。
今度こそ!!

そして休むまもなく追加追加のサマスぺ。






FTONコンを通してさまざまな出会いもありました。
FTONコン大阪では慌しく一瞬一瞬の初会いでした。
大阪では
今では絶対必要で大好きな
hitomiちゃん(すばるv)とテンション高く初会いしたね。

ずっと以前から連絡しあってたのになかなか会えず、
やっと会えたえのちゃん(ピロキ)とようやく会えたね。

この時が初会いなんだねって感じの今では身近すぎるぐらい
大切な存在なる史香(大倉)ともこの時。

妹みたいに可愛く、いつも真っ直ぐな言葉をくれ
めいたんとあたしをセットで考えてる
さとみちゃん(大倉)ともこの時。

言葉と言葉のもっとも深い部分で交流し始め、
いつもあたしに何かを教えてくれるまよ姉(りょお)と初めて会ったのも大阪FTON。


代々木では
黄色い爪でこの人だと思い、いきなり喋りかけ
亮亜(りょお)と初会いしたね。

ぬ…抜けてないよね??(不安…)

あらら…2006年も結構
出会いの年だったみたいです。

あとは初会いではないのでいいよね。
だって2006年は深める年だったからね。


2005年に出会えた友達とは色々あったけど
(本当に色々あった☆笑)
2006年は色んなことがありすぎたので、
いっぱいいっぱい深まったと思います。
いっぱい一緒に乗り越えました。

これは一応2006年の振り返りなので
コンサート参戦組は別として、
初会い組だけのせてみましたv
これ2005年に出会った友達一覧なり(笑)

2005年以前に出会った組は
ブログとは関係ないので載せないよ。
ほら、一応特別ってことでね♪(一応私信


前半はこんな感じのあたしのすばるライフ。


じゃあ後半へGO。




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:関ジャニ∞(withエイトメン)
Back | Top Page | Next
Comments
2007/01/04
from ありさ #- URL
初めまして、∞の亮ちゃん大好きなありさと申します。
もうずっと以前から愛香さんのブログを拝見させていただいていました。
もう一つのグループのこと、錦戸亮のこと、渋谷すばる君のこと、すば倉BANDの葛藤、すば倉のレポ、愛香さんの奇跡、そして数々のミラクルのことなど、愛香さんの全てが私の∞への想いを強くさせてくれました。
愛香さんみたいな∞だけを応援しようとする方は本当に珍しいと思います。ここまで自分の意思を貫き、すばる君だけをずっと応援し、∞が好きだから他のグループを好きになれない愛香さんが凄いと思うし、私はそんな愛香さんみたいなファンの方がいるから、∞はここまで来れたんだと思います。
私は愛香さんみたいになりたいです。

愛香さんには「凄い」や「尊敬」という言葉が似合うと思います。
私も結構以前から∞が大好きで、コサートには結構入っているのですが、ここまでミラクル連発の方は見たことがありません。それに愛香さんがおっしゃるようにすばる君、亮ちゃんは本当にミラクルが少ないので、愛香さんの数々の伝説が本当に凄いことだと分かるんです。
愛香さんのブログを読み、私は日々勉強させていただいています。

愛香さんはもう友達などは募集してないと思っていたのですが、愛香さんの「2007年もいっぽい出会いましょう」という言葉を見て、今しかないと思ってコメントさせていただきました。
いつもコメントするチャンスを逃して他の方の初めましてのコメントがある度に後悔していました。
愛香さんは大変お忙しいようなので、コメントを返して下さるのは本当にいつでも構いませんし、大変なようでしたら私はコメレス後回しでもほっといて下さっても気にしません。

とにかくいきなりですが、私は愛香さんが好きです。そして愛香さんのファンです。これからどんどん絡んでいきたいと思っているのでよろしくお願い致します。

そしていつか、いつか愛香さんに認められる時がこれたら、一回でもいい。愛香さんと一緒にコンサートに入りたいです。

突然長文失礼致しました。
また遊びに来させてください。
お願いします。


コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。