TOPスポンサー広告負けそうです。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPすばる君 (・_・|負けそうです。


負けそうです。
こうなることはあたしが一番分かってたはず。

いつも考えて、どの公演に行くべきか考えて
申し込んでいたから。

だから、こうなることなんて分かってた。


だけど悔しくて腹ただしくて、素直によかったねって
言えなくて、頑張れなかったことにもムカついて、
過去なんか振り返らないで未来だけ見てればいいって
人は言うけど、そんなわけにはいかなくて。
過去を捨てることもできなくて。









































あきらかにあの人の言葉を見て
「特別」という言葉が目に浮かんだ京都公演。


俺らが昔頑張ってた場所やねんで。


京都と沖縄と考えた時、あたしは迷わず、沖縄って思った。
そしてそれに間違いは今でもないと思ってる。

だけど、京都はどうしても行きたいなって思って、
結局全部沖縄にしようと決めてたはずやのに、
一つだけ京都に申し込んで結果このざま。

友達の同情はプライドが邪魔をするし、
あたしは何をやっているんやろう?



分かってた。
MCでは絶対、話すと思ってた。
そんなん、分かりきったこと。
あたしは、その場にいて、一緒に
「うん、そうやったね」
「覚えてる」
「こんなこともあったやんな」
「うん、うん、知ってる!」

ただ優越感に浸りたかっただけじゃない。


昔は京都で舞台やってたけど、それ以来の京都。

そうやねん。
それ以来…。
それ以来で今度はエイトで来れた。



ヨコヒナすばるにとっては特に思い出深い場所。
なんだか三馬鹿が生まれつつあったのは
この場所やった気がする。


亮と章ちゃんがのキレイなはもり。
この二人というコンビが好きになったのも
きっとここから。


忘れるわけがない。
そして、忘れられない。
忘れたくない。


大切な大切な、本当に大切な
あたしの思い出。


好きです。


行きたかった。
沖縄がある。
高いお金を払ったら行けたかもしれない。
ってか、それでも行こうかどうしようか
最後の最後まで悩んでた気がする。
だけど、沖縄が確定してない、今、むやみに動けなかった。

それに京都は思い出が逆に強すぎて、
辛い気分になりそうな気もした。





初めて、すばるに会った場所ではないけど、
初めてすばるクンに手紙を渡した場所。



初めて、関ジュが好きって思った場所。


初めてリアルに感じられた場所。



これから寂しくなるからね。
せめてすばるクンに会いに行こうね。
愛香が会いたい会いたいって行ってた、
すばるクンに会いにいこうね。

だから、もうちょっと我慢してな。
もうちょっと、頑張ってくれる?

寂しいおもいさせて、ゴメン。


すばるクンにあったら愛香は頑張れるんやんな?


すばるクンにあったら…。




すばるに会わせてもらって
あたしは頑張ったよ。
寂しいとかなんて、一言も言わんかったで。



あの時、確かにこの人を好きになってよかったって思った。
何かをしてもらったわけじゃない。
すばるクンはへたれやったから。

だけど、この人の放つもの、
この人の抱えているもの、
そんなものがあの強く輝いたギラギラな目に宿っていた。
へたれなんやけど、舞台に立っているすばるは
へたれなんやけど、存在感を放っていた。


最初に見たKYO TO KYOの、すばるクンはメインではなかった。
誰が見ても、大勢の中の一人の渋谷すばるって感じ。

次はメインになりかけてた。

愛愛で棺桶からでてきた。

誰よりも輝いてた。

トップになるものの宿命を背負っているように見えた。

あんな小っちゃな体に、
あんな純粋という言葉が似合う存在に
トップになるものの宿命をすばるは背負ってた。



成長期並に、見るたび、見るたび成長していた舞台は
KYO TO KYOだけやったと思う。
舞台は成長出来る場所やけど、
見るたびに、堂々としてきて、
見るたびに、へたれでふらついてたダンスがうまくなってたり、

見るたびに進化を遂げてたのは
KYO TO KYOが一番やったと思う。


一番成長できた場所やったね。

先輩がメインでも彼は凄く、輝きを放っていたが、
あたしが一番好きな公演と断言できる
ヤンジャニSP。
この公演でメインをはった、すばるやヨコヒナ、大堀君は
さも簡単にあたしを魅了した。

あたしは関西Jrを応援する!
って思った。

そしてすばるにはメインが似合う。
メインにいたら、一際輝ける人なんだと思った。








きっとこれが、あたしが一番最初にすばるを
ずっと応援しようと思った瞬間だと思う。


この時からヨコヒナすばるの体制が徐々にできあがってた。
ヨコヒナすばる大堀と同様に
一際光線を放ってたプリチーコンビの亮と章ちゃん。
そして1曲だけソロをもらえたマル。





京都ってそんな場所。



京都ってあたしにとって凄い大切な場所。



だから、悔しい。
助けてほしい。



沖縄さえなければ、京都にかけてただろう。


だけど沖縄があると知った瞬間、
それがラストだったら、
行きたいじゃなく、行くべきなのは沖縄って思った。
横アリラストを思い出すから。



だから、これでいい。




すばるのレンジャーを見るまでは本間に
そう思っていたのに。


今のあたしは
悲しみとか悔しさとか後悔とか
絶望とか、そんなんしかない。


思い出を思い出してみたら、思い出を呼び起こしてしまったら、
余計にそれが深みにはまってくる。

深みにどんどんはまってしまう。




あたしの醜い心をなくしてや。



人にはなんで、こんな心が存在するん?


せっかく戻れたと思ったのに、
また負けそうです。





関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:すばる君 (・_・|
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。