TOPスポンサー広告大好きな城東支店


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP就活&資格&お仕事大好きな城東支店


大好きな城東支店
今日は今から二年下の新入職員のお通夜にいってきます。



城東は
相変わらず、めちゃくちゃ忙しいです。

三月の決算期は締めれた時間は22時(笑)
私の後輩は、インフルエンザやったのに、31日は来ました。
「休みな。」とは言ってあげられなかった私が嫌いやなと思いました。
それは本間に言えませんでした。私も女子リも。
どうしても来てもらわないとまわらなかったんです。


支店大好き。
支店の人達大好き。
女子リの役に立つなら、のみにも喜んでお供するし、残業だってどこまででもする。
それが女子リの右腕な私の役目。
それも、もうわずかなんやけどね。

私の一つ下でOJTリーダーをした今は二年目になった後輩は自分の今や右腕で、本間に可愛くて仕方ないの。ほっとけなくって可愛くって、大好きなんです。

前までうまくやっていけなくって、悩んでた日々もあったんですが、悩んで悩んで、でも自分の後輩やったから、私が変わったの。

そしたらなんか後輩もちゃんと分かってくれたのか、こっちが言う前に出来るようになったの。

今じゃ、本間に右腕です、私の。

普通に楽しく笑いあったり、会社の人間同士とは思えない、ストレートな会話。思いやり。相手の気持ちに触れようとする心。

歩みよるなら自分から。
それが私の頑張れるところです。



いのぴー。
いーちゃん。
いのちゃん。
ミニー○○。

だけど、

もうすぐ、そこから私はいなくなる。



新入職員がうちの支店に配属があったなら人数が多くなる。うちの会社は全体的に人手不足やから。私が一番城東支店の女子で古株やから、絶対に次は私。


そう思うと、気になるのは私がいなくなった後の支店。





後輩は二年目になり去年の私と同じように初めて先輩になってOJTをします。

初日。
先輩な後輩を見ていると、嬉しくて嬉しくて仕方がないんですよね。

なんか、ちゃんと教えてるあの子!
先輩になってんや!

あの子のOJTでよかったな。最近は毎日思ってしまいます。
私が悩んだように、あの子も悩むなら、私がフォローできたら…とか思います。
本間に可愛くて、N野が先輩をするのを見ていたくて仕方がないんです。

すぐに呼ぶの。

頼ってくるの。

普通に携帯に電話かけてくんの。
すっごいしょうもないことでも。
愛香「それは私にとってはしょうもないねんけど(笑)」って言うのね。


「そんなこと言わないで下さいよ…だってね!○○で○○なんですよぉ!」


って拗ねるんです。

だから

「ゴメンな、それで?」
って聞いたら、嬉しそうに話してくれるんです。

でもN野が新入職員の時には新人の中で、一番できる子やったらしいんですね。
資格も全て受かっていて期待の星やったらしいんです。
若干、先輩の私とは大違い(苦笑)
でも私の可愛い後輩には違いないから、そんなのどうでもいい。


「今日は定時にあがれるように頑張ります!」言うの。

まだ新人の時には、
「もう帰りや~」って言って返事してたのに、二時間ぐらい残業して帰った私を更衣室で待っててくれたの。

「一緒に帰りましょうよ。」って。


あんなに悩んでたのが、嘘みたいやね、あの頃の私。



そして私が一番信頼していて一番一緒に居続けたい人。

それが女子リーダー。

誰よりも信頼できる、めんどうみがよくって義理と人情に満ち溢れていて、私を右腕と言って、
私がいるからって違う支店のヘルプに行きまくりの女子リ。


一番仲良くしてくれている五年上の先輩。
いのぴー行こうよ。


気が合う派遣さん。派遣の人は会社の人とはかかわりたくないとか言いながら、ヨーグルトくれたり、これ絶対に、○○さんに食べさせたかってん!な派遣のお姉ちゃん。


店の長である誰よりも城東メンバーのこと考えている支店長。



直属の上司。最初は怖かったけど、今は分からないことを聞きにとんでいくようになってからは、丁寧に納得するまで教えてくれるんです。


「最初は、『この人(客)何、言ってるのか分からないんです!』ってよく泣きついて言いに来てたな~」
って凄いシミジミ言ってくんの。


「そんな時代もありましたよね。
私すごい成長しましたよね。さすがでしょ?」

こんな会話(笑)




離れたくないよ。



城東の男子だけは怖くないし、普通に話せるの。


みんな私のこと、大好きやねんで。



女子リに
「本間にみんないのぴーのこと話す時は優しい目で話すねんで。」
言われます(笑)



もう二度とこんな居心地のいい場所には出会える気がしない。



女子リと離れるのが一番嫌だよ。
















それぐらい分かるよ。もう長い付き合いやろ?

いのぴーはたまに凄くさめてるな。

いのぴー、のみにいこ!


自分は先輩やねんから。
N野はまだ一年生やねんで。自分が悪い。
後輩ができないことも分からないことも、全部、先輩の責任や。
だから自分が悪いねん。
私もいのぴーが分からないなら、私が悪いねん。



まだあの子は一年目やねんで。


いのぴー死ぬことだけはあかんよ。それだけは、あかんねんで。


なにしてんねん!
もう今日は何もせんでいい!なんで、こうなったか、考えて、私に言いにおいで。それまで仕事すんな。









そして新しく城東の一員になった新入職員。そしてその彼女の父親がなくなったのでお通夜です。
配属されて一日目でお父さん倒れて、そのまま一度も会社に来てないの。
後輩と二人で、きやすい環境作ろうな~って。

「自分が先輩なんやから、自分が気にしたりや~」
って、N野と話してたとこだったんよ。

N野:私には無理ですよ~○○さんに先輩のとこ行き~って言います。

愛香:傷の舐めあいでもしたらいいんかい(笑)
N野が○○さんの先輩やねんで。
私はもうおらんくなるねんから、しっかりしなあかんで。

N野:だから来たんじゃないですか!まだインフルなおりきってないけど、私が休んでいる間に転勤とか発表されたら嫌やし…。




こんな可愛い子おいて、行く自信がないよ、私には。


新しく城東の仲間になった子も学生から社会人になるから不安やろうに、なんで今なんやろうね。本間にむごいわ、神様がいるなら。

N野ならだまって抱き締めたるやろうなぁと思うんやけども、出会って一日しか会ってない後輩の接し方は分からない、正直。


私に話しかけられても緊張するやろうし。
N野も初めての先輩でこんな状況は辛いよな。


私が気になるんって後輩の後輩より、やっぱり一個したの自分の後輩であるN野を気にしてるだけかも。

贔屓よな、これ。







でも私はあの子の先輩やから、あの子を心配になる。
親を亡くしたあの子の後輩よりも。



って女子リに言いました。





そしたら女子リは

もうわかったから。
いのぴー冷めてる言うてゴメンな。
いのぴーが義理と人情を大切にしてるって知ってるよって。



仕事ができると有名な女子リ。
人徳も。

そんな凄い人と働けて、幸せでした。



業績評価。
金賞とって、有馬温泉にみんなで行きたい。



私はココにいたいよ。



たくさんの思い出があるから。




社会人になりたてで、お父さんが亡くなるって、想像もできない辛いことだと思う。
だけどお通夜には城東支店はメンバーみんなで行くから。
ココにいれば大丈夫。
きっと、この支店に配属されてよかったって思ってもらえるようになるから。
私たちみんなで頑張るよ。
きっと、すぐに会社が好きになるよ。
会社の人達が好きになるよ。





私は、わずかしかいれないかもやけど、悲しい気持ち忘れるぐらい仕事を教えたあげるからね。



がんばれ!
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:就活&資格&お仕事
Back | Top Page | Next
Comments
2009/04/08
from #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。