TOPスポンサー広告これからもこんなに大変なことがつづくのなら、もう嫌かも


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPDearすばるクン…これからもこんなに大変なことがつづくのなら、もう嫌かも


これからもこんなに大変なことがつづくのなら、もう嫌かも

京セラ。


道のり。




2009年のすばるとエイトへのかかわりかた。


選ぶもの。


かわれない、私。


成長もしない。



だけど、行ってよかったよね、京セラ。
新大阪支店にきて、いとも簡単に泣くことが多くなった残念な話。

まだ後輩には姉御やので見られてないけど、
失敗もあるけど、なんか人たちが好きになれんし、
上司が嫌いやしで、もうなんだかやってられへんわぁ状態がつづいていました。

それでもだんだん慣れていってたんですね。





これはS子には話してもういいので、いいんですが、
その時期、私は結構大変へんたいで、

その上、間に合わない京セラ二日間のことを毎日毎日考えてて、
なんだか心が乾いていたようにも思います。



でもね、誰にも真剣に話せてなかったように思います。
だって間に合わなのは私だけやったから。
結構ずっと心をしめつけていたのですが、
泣きたかったのに、
結局言えなかったの。

すばるのフラフラときとは違うし、だからかなぁとは思いながら。


頭が痛い、考えないように考えないように。
考えてしまう。











なんで私なんやろ?


そんな時、夜中に電話がなりました。
夜中、電話。

いいことなんか一つもなかった。
夜中電話でまた弟が事故にあったのかと勝手に思いました。


ドーム前日。
なんだか修羅場なわが家。
怖かった。
ドームの前日やのに、思い出さすのはやめてよ。

泣きたい泣きたい泣けない泣かない。ぜったいに泣かない。
自分の責任やから。

少し大嫌いな親父にメソメソしている親父に明日は行けないやと話しました。


エイトのドームはまたある。
でもオーラスはもうない。

だけど、きっとサヨナラをしないと、
いけないような気もしてたのね。




ドーム行かないでおこうかなぁ…

一瞬そう思いました。
でもチケットってもう責任もうまれてくるとも思うんです。
行けないとかなると、いい気分はそこに生まれることはないから。

以前にとってたチケットで友達がこれないことがあって、
すっごくすっごく悲しかったから。
気になっちゃうの。

あんな想い、人にさせちゃうのはやっちゃいけいこと。
だよね。



だから、いいや、悪者になろう。
親父がもしかしたら親戚集団に私のことでごちゃごちゃ言われたら
かわいそうやけど、それくらいしてもらってもいいと思うし。

だって、間に合わないと思って何ヶ月も前から
すっごくすっごく悩んでたんです。





いろんな人に30日は帰らせてください!!
あの状況で言い続けたからねぇ(苦笑)
自己中にもほどがあるやろ、自分って思いながら言い続けました。



月末の1日前って定時にあがれたことが一度だってなかったんです。
定時にあがれるように頑張って頑張ってもなかったんですね。



しかも29日30日とダブル定時って。
無理やろ!しかも新大阪から大正までも30分でいけるかって言うと
すっごい微妙やったし、もう考えることがしんどくなっていましたね。



で、間に合った。




奇跡やった、間に合ったことが。



これね、言い切れます。
あの支店にいて、あの状況で、私のお仕事で、
間に合わせることができたのは世界中で私だけだと思う。
誰でも間に合わせられなかったと言ってもいいと思うんです。


新大阪メンバーのおかげで、おばちゃん亡くなったこと、
ちょっと忘れてしまってたもん。
ありがとう。





本間に今回は上司もふくめ、全員の協力がありました。
私最低な作戦にでたんですね。

その親父の姉が亡くなったという連絡が昨日はいって、
私はそのお方に少しだけお世話になったけど、
親父方のあばあちゃん問題とか、お金のこととか、
たくさんあって、お母さん病気やったのに、
結構きついこととか、親父の方の姉達に言われて、

私性格きついから、おかんとか守らないとって思って、
一生懸命戦ったんですね。

で気持ち、もうかかわらないという絶縁状態までもってって、
そしておかんのお葬式でも
「帰ってください」って言ったからもうかかわりないとおもってたんです。

でも親父はそのお姉さんだけは大好きなのも知ってるし、
おかあさんもそのお姉さんだけは少しは分かってくれてるって
言ってたんです。




そのへんの全てのことを会社の人に言いました。
んで
「お通夜、お葬式に行くべきか、すばる、エイトのオーラスを見るべきか。
どう思いますか?」
って聞きまくったんです。

一年生のお姉たまって、抱きついてくる後輩は
無言で抱きしめてきました。

わたし、少しだけ泣きそうになったというか、泣きました。



んで分かってたんやけど、みんな
「お通夜に行っとくべきじゃない?」って言ってくれました。



だからねでも
「京セラにどうしても行きたい…」
って言いました。

お通夜に行って後悔するなら京セラに行って後悔するほうがいいからって
言った。




そしてここまで言ったらあとは、会社の女子はみんなお昼も食べないで
私を定時にあがらしてくれるために協力してくれました。


利用できるものは利用しろ。
それが私がなおしたいと思っている今まで、
一人のときもあったし、誰かと一緒にのときもあったけど、
「見ておかないといけないすばるで、見れないすばるは絶対に作らない。」
でないと、何も分からないし、すばるのこと、なにもいう資格もないし、
何も話せないから。言葉に信憑性がなくなるから。
私の絶対の全てをかけて築き上げたたプライド。

得るものがあれば、それにともなう犠牲がある。
最近はそう思うようにして生きています。
じゃないと、やっていけない。


でもね話したことはホント。
悩んでたこともホント。
新大阪の人たちを好きになってたのもホント。


でも帰りやすくするように話したのも事実。
そして一番傷ついたのは、やっぱり自分だけ。




大口入金がはいる。もう終わる…って思った。
だけど私しか入ってはいけない金庫にも後輩とか助手としていれて、
女子リも入って、
みんなもう必死で働きました。

女子リに
「横山さんを上がらせるためにみんな頑張ってるんやで」
って言われました。
「あなた、間に合わなかったら、会社来なくなるでしょう?」
って上司と女子リに言われたんです。


愛香「それはないですよ!!」
言ったのですが…
女子リ「でもそのぐらいの勢いでしょ…」
って言われて返す言葉もなかったです。


あのなんだか冷めきったようにみえた支店が、
みんなで一つのことにむかって
マンパワーが嬉しいです!!
って(あんた自身のことやのに)本気でそう思ったんです。





イリュージョン


営業場は3階です。
更衣室は10階です。
営業場への私物持ち込みはコンプライアンス違反になるので、
絶対に禁止です。

一個下の後輩に全てをまかせて、二個下の一年生と定時にダッシュしました。
後輩は先輩である私があがりやすいように、一緒にあがってくれました。

3階から10階のエレベーターの中で
後輩に制服もぎとられて(制服の下にワンピう着てた)、
エレベーターの中で着替えて
制服は後輩に預けて、
荷物は先に待機の派遣さんにスニーカーと共にわたされタクシーにのり大正まで。
スーパー早着替え。

のちにプリンセスてんこうのイリュージョンみたいやったと言われ、
女子リーダーには17時31分にはエレベーターのチンって
音が聞こえたから無事に間に合ったんやなって思ったよって爆笑された(笑)

新大阪メンバーが全員一致団結してくれた二日間。
熱意は通じるし、想えばやれないことなんてないよな!と感じた二日間。
もうダメかと何度も思った。
間に合ったからよかったけど毎日毎日毎日不安やったよ。



タクシーの運転手をせかしてせかして
「間に合わないなら途中でおろしてください。
電車にきりかえて走りますから。」といった。
プレッシャーかけまくったわ。
間に合わないですって運転手さんに言われてたから、
若干泣いてて、
「それでもいいから、とにかくできるだけ、急いで!」
って言ったの。

タクシーの運転手さん、今から考えたら最悪な状況やったよね。
本当に間に合わせてくれて、感謝しています。





だからやっぱり私じゃなかったら、
絶対に間に合わせられなかったんじゃないかなって思ったよ。



二日目はゴリラシアターだけが間に合わなかったのですが、
ついた瞬間にまずは
「すばるじゃなかったよ、ヒナだった」
って言ってくれたお友達には脱帽でした。
すごいよね、大丈夫?とか間に合ったね。
とかではなく、私が一番知りたかったことだから。


なにはともあれ、この二日間というか、
この二日間をむかえるためにものすごく精神力を使ったから、
こんなのはもう嫌かも。


でもそんな想いまでして行けた、京セラ。

よかったよ。
ミセテクレやっぱり嬉しかったな。
すばちゃん先生大好きやし。

やっぱ、これからも頑張るぜ。




行けない理由。
それをつくるのはきっと自分自身なんだ。



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:Dearすばるクン…
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。