TOPスポンサー広告ドリボズ 2009ver


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP∞のコン&舞台&イベントドリボズ 2009ver


ドリボズ 2009ver
三年ぶりのまみちゃん(@丸ちゃん)と参戦のドリボズ~2009ver~
三年ぶりやのにまたバスでトラブルをもよおす私(苦笑)
バスが25分ほど遅れてて軽くパニック(笑)
苛立ちもピークでハイウェイバスやのに途中下車する私(笑)

そしたやっぱりタクシー!!
節約してたけど710円やったし許して><
相変わらず「急いでるんです。○○時までにつきますか?
○○さん(ここで必ず運転手さんの名前を呼びます☆笑)」
とタクシー運転手さまにとってあまり好まれない客。

でも間に合ってくれさえすれば、満面の笑顔でものすごい
感謝をします^^





ちょっとだけネタバレ注意。
ネタバレというほどネタバレはないかもしれませんが
ネタバレをしたくない方は見ない方がよいかと思います。





DREAM BOYS 9月5日18時

☆感想☆(ネタバレ含む)




すばる君は前作とも前々作ともほぼ変わらず、生きている時間もあまり長くなく、
天国に行ってからのシーンが前作より、よかったかなってぐらいでした。
相変わらずいろんな人に「スバル、スバル」言われている回数は多く、
でも前作よりも少しおいしくなかったように感じました。

あとは観に行った公演日が二回目公演やったので、
まだ自然な感じではなく、一生懸命とぎこちなさが
伝わってきて、すばる君の登場シーンでは手に汗を
にぎるようでした。


そして前回と違うところは
Fight Manが長いってこと!!
そして少しだけアウェイ感も少なかったってこと!!

でもやっぱりなんなのこのアウェイ感は!!
と久しぶりに感じる感覚でした(苦笑)
やっぱ、亀ちゃんが長年やっているものやから、
亀ちゃんにとってがホーム。

内容は始まりが前作と全くちがったので、
違う内容!?と思いものすごく興奮して、
どうやってボクシングにもっていくのかがさっぱりやったのですが、
ふたをあけてみると前作とまったく一緒で、
本当に台詞やシーン、歌う曲も(all~とかね…でもエイトじゃないっていう)同じで、
ある意味ちょっとビックリしました。

ドリボはたくさん観ているけど、前作とこんなに一緒なのは
初めてです。

そしてエイトの出演がない分、少し寂しい気分になりました。


ユウタがナオキにかわってたよ!!



○前作と違いいきなり歌を一人で歌うので、
こんな感じかとものすごく嬉しくなるけど、
それははじめだけ。
でも、すばる君がソロで歌いますvv


○ドリボの隠れた魅力であるヨコちょのアドリブシーンは
手越にかわっておりました。
が、アドリブの内容はヨコちょがやっていたように川の設定やけど、
普通に歩いちゃうというものでした。



○全員で「絆」を歌うのでも、すばる君も歌うんやけど、
絆がなんか違うバージョンで、でもやっぱりすばるは
グループに向いていない圧倒的な声量でした。


○亀ちゃんとすばる君の対決シーンはまだ二回目公演にも
かかわらずばっちりで、
相変わらず、すばるの表情がものすごかったです。
ボクシングの入場シーンは客席側からみてすばるは
右から登場するのですが、その登場シーンが
フラフラの時の登場のしかたに似てました。

そして「邪魔すんなや!!」ってすばるが叫ぶんですが、これが本当に
恐ろしくでもかっこよく、本当に本当に、
すばらしく迫力満点なんです。
こういうすばる君は本当に誰よりも栄えます。
誰よりも放つ光があります。


○天国のシーンのすばるの曲が大好き!
優しい歌声です。

○手越とすばるの掛け合い曲ではチャンプの「スバル」についてのはずやのに、
普通にすばるとかぶるものがあり、泣きそうになるぐらい
かっこよく、好き。



そしてFight Man


これね、圧巻です。
圧倒です。
あの空気は言葉には表現できないんです。


これぞ、まさに渋谷すばるの渋谷すばるだからって言葉で
かたづけられる圧倒的なすばるの力です。


誰しもとらえる、すばるが持つ計り知れない存在感。


これを持って生まれた人はどんなけいるんやろう?
私はそう思います。

オーラは言うまでもない。

息なんてする暇がない。


つかまれるんです。
ひきよせられる。


とにかく感じてきてくださいとしか言いようがなかったです。



前作より間違いなくすばらしかったです。
あの歌は。


すばるが色々経験をなしてここまできたってことが
明らかにでていました。


どうでもいいけど、こんな気持ちを与えてくれるなら、
生きていくのは悪くないといつもそう思うんですよね。


ただなんとなく生きているのに、
すばるはそれさえも変えてくれるんです。


私やっぱりFight Manが死ぬほど好きです。
これを歌っているすばる君を数多くの人にみせたいです。
間違いなく、すばるは魅了してくれるから。


みせたいです。


見せつけてやりたいです。


そして「さすがは」と言わせたいね。

たった1曲だけやけども、
もうそれだけでただ頭の中が真っ白になり、
とにかく前にいるすばるについていくのみとなる。
渋谷すばるの世界が広がります。

それだけのものをミセテくれているんやから、
本当はもう充分なんだよね。


ただね、もうちょっと出番が多かったらいいなぁって
そう思ってしまったよ。



すばる君はすごくかっこよかったです。




SHOW TIME
あんまりショータイムっぽくないショータイムのはじまりでした(笑)


ひつこいけど、だからこのバトンを見てください(笑)
コレ←とんじゃいなよ、バトンに。
やっちゃいなよ、バトン。

歌うんです。
だからものすごくビックリしたんです。
まさか!!って感じで。
でも失敗して笑っちゃうんですよね。
でも悔しいけど、ものすごくかわゆいんですよ、これが(もう!)
だから「もぅ!」とか言うに言えないんです!!!

これって亀ちゃんとかと共演したり、
エイトではない世界で他の方々と一緒にいないとできないものなのでね、
私は本気で真剣なものが見たいという欲があるんです。

すばるにうたってほしい歌がありすぎるんです。


しかもおしかったの!!
女性の方がショータイムで歌うのですが、
それをぜひすばるも一緒に。
亀ちゃんとすばるで!!
もうそんな願いもむなしく女性と亀ちゃんでした(笑)
惜しすぎる(笑)


でも懐かしのヘイセイドリボでやってくれた、
ちょっと小バカにしたフレーフレーもあって
ちょっと感動しました(笑)
これはピロキが肺気胸でそのかわりに、
すばるとヨコちょが亮の横でフレーフレーを披露していたのですが、
すばりん、あのときとかわってへんなぁ(笑)
ただめっちゃ短いフレフレですがね(笑)


そして可愛くダンシングするところも
いくらかあってキュンしました。
すばちゃんキュンはドキュンって感じの
すばキュンですよ。
ダンシングすばちゃんです^^
めためたスーパープリチーでした




そんなこんなでこれ歌ってほしい!!とか欲望と
期待をいっぱいでのぞんだ分、
物足りなさもあったり、サプライズもあったりでした。
ショータイムは前回よりすばるだけで考えたら
短かったです><




前作でミラクルがあったので、ちょっとだけ
自分の中でドリボというものが美化された部分もあったということに
気がつきましたが、私はあのFight Manが好きで好きで
たまらないので、やっぱりすばるが出ない時は
どうしたらいいかわからなくなるけど、
それでもFight Man見るために、
すばるに会うために、
12000円出すっていう
そういう自分とそろそろ卒業したいと思ったりもしたけど、
無理なのかな、やっぱり。

でもやっぱり出てない時間は長すぎるで、
その点は寂しいし、どうしようもなくなります。



そんなドリボ。

すばるだけをみに行ったから、
こんなちょっと複雑な感情になったのかも。



私はすばるが一番目立って、
すばるが有無を言わさず、一番で、
そんなものが好きな、

ただの貪欲なすばる至上主義人間やと思いました。



でもでも戦っているすばるを応援しにいくことが、
やっぱり好きなのかもとも思いました。
アウェイなら私がホームニなりにいくって勢いです。
いつでもどんなときも味方でいるために、
私はそこにいたいんです。


ファンって複雑やねんな(笑)
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:∞のコン&舞台&イベント
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。