TOPスポンサー広告懲りない。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP愛香のぼやき(ただの戯れごと)懲りない。


懲りない。
今日は派遣の方の送別会をしました。




ちょっと瞑想中…。





支店全員が集まりました。




派遣さんやけど、
女子の中では一番新大阪で長い人なんですよね。


だからみんなその人には敬語。
女子リも。

もちろん女子で一番偉いのは女子リやけど、
その派遣さんがある意味ドンってことは転勤早々にわかりました。



はじめは、めんどくさい人だと好きにはなれませんでした。
女子リでもないのに。


だけど気づけば、
仲良くなっていて、
いつも遊んでくれました。年齢は私より15歳ぐらい上やのに、
なんか考え方とかが似ていて、いつも笑いあってました。


上司に無視されたり、どつきたくなる一言を言われたり、
客にムカつくことを言われたとき、

いつも
「無視されました!
無視するんです!
感じ悪くて無理です!」
って泣きついてたんですよね。


私の上司嫌いは有名で、
よくその派遣さんに

「次長は、横山さんの天敵やもんなぁ」って笑われてました。




新大阪の人達は派遣さんの送別会として
女子で勝手に企画したものやったのに、支店長以外、
気づけば全員が参加することになっていました。



そういう支店の人達は好きです。



私の送別会嫌いもだんだんと
会社の中で有名になってきました(苦笑)




いのぴーほど、
寂しそうにする人は、珍しいなぁ。って先輩達に言われます。
城東でもそうやったけど、新大阪でも、
いつも女子の中で私だけが
「いのぴー」とか「いーちゃん」とかあだ名がつきます。


先輩方はホントに
いつも可愛がってくれます。

見てくれる目が本間に
あたたかくて、後輩にも
「先輩って、ホントに好かれますよね」
言われます。
これが私の自慢です^^



だからね、
送別会の時に送り出す側の言葉も送り出される側やった時の言葉も

私にむけられる言葉を聞くと

どんなに自分のことを
見ていて下さっていたかってことが分かるんですよね。



目を真っ直ぐに見て、
私にむかって言葉をくれます。
いつもだから先輩のお仕事は私が全部引き継ぎたい!
って見えない腕捲りをして、見えないハチマキをしていました。




送別会ってなんでこんなに辛くて悲しいものなんやろうっていつも思うんです。


主役になる人は仲良くしてくれてる人ばっかり。



辛くて辛くて、横に座っている人に、
その悲しい気持ちが伝わってしまって、
泣くのがこらえられない雰囲気にいつもなる。



たった新大阪に配属してから5ヶ月。
女子リには「城東に帰りたい帰りたいって
ビービー言ってた子が…
叩くよ!って思ったわ(苦笑)」って言われていました><

そんな時代もあったよね。
新大阪の人間となじむ気なんてさらさらなかったのに…







寂しいもんは寂しいです。


たくさん仲良くしてくれてました。



いつも助けてくれました。




あぁ。
何回送別会して送ったり送られたりしたらいいんだろうなぁっていつも思います。



いちいち思い入れを持ってすごしてしまうと、
こういう時に辛くて辛くて仕方がなくなるんです。


だから会社の人と思って過ごすんですが、毎日顔合わせるから。
いつのまにか仲良くなっていて、いつのまにか

「聞いて、聞いて」で

会社の人たちが一番自分の近い存在になってくんです。




私はing人間やと昔から言われてきて、
一緒に今過ごしている人間を一番大切にするんですね。
現在進行形が一番大切。
一緒にいるから、近くにいるから、
だからその相手を一番ちゃんと見ようとするんです。
しすぎて、いつも他をないがしろにしてしまうみたいなんですが、
ただ一緒にいた分だけ、分かってくれてるから、
今はまっすぐ目の前にいる人たちに専念するのに専念させてって思うんです。

だから城東の人たちには、新大阪を好きになるまでは
一切、連絡しません。
って言いました。

で新大阪を好きになったら、城東の人たちがどれほど
私にとってかけがえのない人たちなのかを改めて気づいたので、
連絡をそろそろしようと思いました^^





転勤して場所がかわると環境がかわると、
疎遠になるんです。


今までは誰よりも仲良かったのに。


城東でも女子それぞれ、
私がそれぞれの女子と深いかかわりがありました。

女子リの家には泊めてもらったし、男友達紹介してもらったし、
二人でよく飲みに行ったし、
女子リが疲れてる時とか
「いのぴー一時間だけ付き合ってくれへんやろか?ビール飲みたいねん」
で何度飲みに行ったか分からない。

女子リに憧れていたから、ベンチに座って
隣のベンチに座ってタバコをふかしてみたこともありました。
むせました(笑)
「いのぴーには無理やなぁ!
なんか悪いことさしてるみたいやし(苦笑)」
って言われました。
好きやったから、そこまで理解しようと頑張ってみようと
思ったんですよね(笑)

たばこは苦かったっす。




後輩とは毎日一緒に家帰ってたし、ご飯も行くし、
後輩の後輩のお父さんお葬式の帰り道
「私たち家が近いから、いつも一緒ですね」
って走ったし、
終電なくなってタクシーで二人で何回も帰ったし、
後輩とは本間に言葉がなくっても意思の疎通ができるほどになっていて、
自分が仕事をする上で一番必要な子になってました。
N野は一番大切な私の自慢の後輩。
あの子が悩んでるなら、私は何時でも電話にでるし、どこにでも付き合えると思う。


先輩とは飲み会時とか
「いのぴー横座って。」って二人で
クリームソーダー注文したったし、
慰安旅行でも一緒のおふとんで笑いあったし。
私の歯軋りに「いつものことやから、もう慣れた」
って言って笑ってくれました。
先輩は私に全てをたたきこもうとしました。
露天風呂で先輩に
「本間はな、いのぴーが窓口渉外になってくれたら嬉しい。
でもいのぴーが女子リに憧れてて、窓口より女子リの道に行きたいのも知ってるよ。
だから本部の人に、いのぴーは窓口じゃなく女子リになりたいって言っといたよ。」



女子それぞれ私が一番仲がよかったんです、間違いなく。



そんな城東やったので、
転勤時は気が狂うかと思いました。


友達よりも近い存在な職場の人達やったので。




そんな城東やったのに、
気づけば、私の感情が少し薄くなっていました。


会議とかで先輩とか女子リにあった新大阪の人に
「いのぴーはどうしてる?」っていつも聞かれると言われました。



現在進行形の人達の方をどうしても好きになってしまう。




今まで私はそんな残念な人間やと思っていました。

でも違いました。
両方好きになれてただけやったんです。
城東が現在進行形すぎたから、少しでも新大阪に気持ちが
いくと感情が薄くなっていると思ったけど、

新大阪支店を好きになったからこそ、
5ヶ月音信不通を決め込んだけど、城東のよさが本当の意味で
分かりました。


私、城東支店の人たちが大好きです。

でも新大阪の支店の人たちもだいぶ好きになりました。



9月忙しくて気が狂いそうになるけど、
みんなでがんばるぞ。
新大阪は転勤が多い支店らしいので、
きっと誰かがいなくなる。


だから、悔いのないようにしないと。





関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:愛香のぼやき(ただの戯れごと)
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。